2010年12月28日火曜日

視察


 某新聞社の記者くんの「地元のリアルなスノーボーダーの日常を追いたい」的な発言に答え、Deeluxe西日本-北陸の先輩ライダー、リアルな田村弥生プロと、高鷲スノーパークへ「ゲレンデ視察」に言ってきました。

 そういえば、弥生姐さん。今期からハーフパイプナショナル候補のジュニア育成強化コーチに就任とのこと。
 
 んーそんなコーチにちょっと滑りを見て貰えるなんてついてるぜ。お二人さん。 

 こんな視察なら毎日でもいいなー

 

2010年12月23日木曜日

子供マエストロ





 んー
 これはGAPの広告ですね。


2010年12月15日水曜日

Bend Desk




 出たー


2010年12月9日木曜日

DATA



 今期のUNIONはDATAをチョイス。
 サポートしてもらう前はずっと使っていたDATA。

 現在のラインナップでは、こうしばらく使ってみるとDATAが一番しっくりくるし、好きです。ということは地球上の全てのbindingの中で今のところ最高のマテリアル。個人的に^^

 楽しいなーやっぱりスノーボードは!

 「柔らかさ、アソビがあること」と「頼りにならないこと」は決してイコールじゃない。

 物腰柔らかで寛容で、遊べているけど、頼りになる。見た目もかっこいい。

 そんなDATAみたいでありたいとすら思います。

 

2010年11月30日火曜日

EASY





 ワタクシ人前ではほぼ毎日着ているのでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、今秋よりリリースのNewブランド【EASY】からサポートして頂くことになりました!


About “EASY”

シアトルのスノーボードカンパニーCAPiTAや7OVEのアートディレクターを務めるカナダバンクーバー出身の『EPHKA』
スケートボードホリックスなフォトグラファー『BOND TERADA』
そして『PLAYDESIGN』で手がける、
スケートボード/チャリンコ/ストリートなカルチャーを意識したリーズナブルでイージーベーシックなアパレルブランド

 福井ではおなじみSQUALでの取り扱いです。

 おしゃなアイテムがざくざく入荷してまっせ!



2010年11月26日金曜日

ちょっとちょっとー!



 この時期すでにノートラック腰とか、ウラヤマシイんですけどー!

2010年11月10日水曜日

Eurogap3公開!



 国内ではそうでもな感じでしたが(そもそも流通してたのかな?)、10年くらい前にヨニ周辺で立ち上げられたオモシロビデオ、Eurogap。

 かなりの歳月を経て、経て、今年は最新作が出るとの噂があり、例のティーザーがリリースされて以来は「どうしたら手に入るのか?」がSQUAL内でも話題となっていましたが、

 なんと!

 最新作のEurogap3は!

 28分に及ぶ全編を!

 無料公開!!!!

 「便利な世の中になった」とか「便利だけどちょっとなんか寂しい」とかそういうのは抜きにして、下記リンクから、フルスクリーンで、パーソナルなコンピューターで、お楽しみ下さいませー



featuring:
Eero Ettala
Fredu Sirvio
Niki Korpella
Joni Malmi
Hampus Mosesson
Heikki Sorsa
Markku Koski


 いやーこのムービィについては語っておきたいこと多々ありますが、とにかく一言。
 

 おもしろいわーこれ!
 



 youtubeなどで流行りの期間限定公開映像かもしれませんのでお早めに。

※ちなみに過去の作品、Eurogap1,Eurogap2も同時に全編公開されています。


2010年10月28日木曜日

逆輸入


 Snow系の情報がフレッシュでしかも面白くて、たまにチェックさせて頂いているBlog【TACKLEDBOX
 
 で、発見のこの記事


 どこの国にも面白いひとがいるなあーと思っていたのですが、よく見たら…あれ、、この写真は見覚えがあるぞー。。

 
 …



 やっぱり身近かな出来事でした;

 

 

2010年10月25日月曜日

照る山


 CAPiTA,UNION,Deeluxeチームメイトryutaxさんのblogより。

 すでに、、山中はこのような状態だったのですね!





2010年10月24日日曜日

おじゃま


どん!


どん!

どん!!

 っと、松平春嶽も愛した望洋楼さんプレゼンツ、三国港駅前にオープン致しますアンテナショップ【蟹の坊】のレセプションにおじゃまして参りました。

 皆さま是非!

 いろんな意味ですごい!!


2010年10月13日水曜日

shwood



 3枚におろした木製の薄板をレーザーカッティング。間にカールツァイスレンズを挟んでプレスするというよくわからない製法と、ノスタルジーなシルエットが話題のshwood。から、なんとセンターを落とさないモデル[Ashland]が登場。。

 これは…まさか…-_-

 

2010年10月7日木曜日

2010年10月1日金曜日

BlackBerry PlayBook 7inch Touchscreen Tablet





 OKなのかNGなのかはあなた次第。
 



2010年9月24日金曜日

Fall In


スケートに季節が無いことは重々わかっていつつも、スケートがしたくなる季節の到来。
 


Miguel Atwood Fergusun & Carlos Nino
Fall In Love (Jay Dee Cover)
mako氏もサポートの、こんな曲を聴きながら。


2010年9月20日月曜日

Coast to Ghost


 以下、日曜の小松駅前






 以下、開いていたお店




ホントにあいてるの?;



 仕事でしばらく滞在していました。小松駅前。
 仕事でしたから、小松周辺のマーケットレポートもざっと目を通しました。納得の状態;


 小松駅前、昔は西武がありましたね。
 西武がダメになって、大和が入って、大和もダメでいま駐車場?

 その寿司を食べる為だけに北陸に降り立つ顧客多数の小松弥助も、名前の通り昔は小松にありました。

 近い将来の福井駅前の姿?こわいこわい
 もし、「ロードサイドでものが売れればいいんじゃない?結局車だし」的な考えがあるなら、今駅前がシャッター街化してしまったら、その後何が起こるか?も、考える必要がありますね。

 この状態を見てふと頭をよぎったのが、最近各方面で話題のこの記事。
 山本宇一さんのblogの(いまのところ)三部作、地方都市の憂鬱、失恋、秘訣。

 憂鬱  失恋  秘訣
 
 「この先は有料です」的な記事ですが;

 食を使った案の一例です。北陸なんかは特に上手くやればハマりますね。その前に、楽に行くなら法律を少しいじるのが実は一番。
 「シャッター街になっても、何故家主は建物を貸そうとしないのか?」疑問に思った事、ないですか?
 

 しかしその他にもいろいろ手はあります。この先は有料ですが。^^ ということで。


 ところで今回一番気になったのが、通り名が何故「猫」押しなのか?小松駅前。

 

2010年9月18日土曜日

Grateful




けっこう前に解散しちゃったけどやっぱりGrateful


2010年9月13日月曜日

Water-based Cellphone 'AQUA'




 ヒジョーに情報が少ないんですが、SAMSUNGからこんな携帯が。
 デザイナーはBon Seop Kuという人らしい。
 
 そもそも何処に向かってしゃべるのか?
 電池は液体電池とのことですが。。

 騙されたかな。



 ちなみに2年前くらいに書いていたこれ、びっくり仰天レベルの円高の今、国内でリリースできないものか。。



2010年9月9日木曜日

○○○○




 にゅるっと
 
 丸4つです。


Talma

 精密機械のようにこけない北欧勢をこの世に送り出し続けるフィンランド・タルマスキー場。

 わりとこじんまりとしていて、和泉みたいな感じなんでしょうか。。

 -24℃。かー

 しかしエエロエッタラがわりとBlogに登場しているような気がしますが、特別好きというわけではありません。


2010年8月31日火曜日

Clinic





 毎日暑い暑い日が続きますが、そろそろスノーシーズンに向けて本格的に動き始めています。

 先日開催された「世界で唯一、あなたにフィットするブーツ」でおなじみのDeeluxeと、マイスポンサーUNIONbindingsセールスクリニックのレポート。 


※写真については、公開されている資料のみ抜粋。


 
 Deeluxe、実は昨年から使っています。
 サーモインナー形成によりフィット感がバツグンであることは知っていましたが、過去のイメージから大きく変わった部分といえばまず「軽い!」「温かい!」そして「デザインがいい!」
 
 無駄を極限に省いても尚、片足で134ピース!にものぼる部品を、自社工場にて最高レベルの作製技術によって組み立て、厳しい検品基準を通過した商品たち。さらにライダーたちによるデザイニング。

 この段階でライダーが「履きたい」と思う、全ての要素が詰まっていますね。
 


 Deeluxeのトップライダー(写真は堀井優作くん)による活動報告とアイテムのレポート。

 ハードに使うライダーの足下を100%サポート出来ること = すべてのユーザーが満足できるプロダクトであるということ
 


 自分の足のサイズを正確にご存知ですか?

 Deeluxe正規取扱い店に必ず置いていあるこのサイズゲージにて確認をしてみましょう。
 日本人の足に多い「幅広・甲高」に対応する為、単に縦の長さだけでなくゲージにて横幅も確認し、正確にサイズを選ぶことにより、よりフィットする一つを発見できます。



 いよいよDeeluxeの最大の特徴である【サーモインナー】形成の実演です。
 この最後の行程によって自分にとっての唯一つの一足が生まれる訳です。

 このようなクリニックを必ず受講しているDeeluxe正規取扱い店であれば、当然ながら全てのユーザーの皆さんにこの最高レベルのフィット感を体感頂けます。
 スノーボードにおいて「ブーツがフィットしている」っていうことは多分、滑りの悩みの大部分を解消する近道だったりするってことは、少しでも滑ったことのある方であればご理解頂けますね。

 勿論福井の正規取扱い店といえば、Go SQUAL
 買って終わり。じゃなく、ショップで仕上げ。

 その間に、「今年は雪多いんですかねー」「いつも何処で滑ってるんですか?」「どうやったら○○出来るんですかー!?」なんてコミュニケーションが取れるアイテムだって言うのも、実はDeeluxeの隠れた良いところの一つ。



 さー続いてマイスポンサーUNIONbindingのクリニックスタート。
 スピーカーはマイボス松崎さんです。

 Deeluxeと同じく全て最高の素材で組み上げられるUNION。
 さてそのアイデンティティは、、


 話し始めたら数時間は語り続けられるバインディングでおなじみのUNION、
 ちょっと手短に。
 
 最大の特徴はやはりこの板と接する部分である底に存在する【ブッシングシステム】
 UNIONのバインディングはモデルによりますが(たったの!)9%〜広くても25%程度しか、板と接していません。その他はミリ単位で浮いているのです。

 大丈夫??と思われるかもしれませんが、この2点の上に自分の体重が乗り、さらに滑る際にはかならず加重をかけることを想像してみて下さい(真夏ですけど)

 お互い固い素材である板とベースプレートの間で、骨と骨をつなぐ軟骨のような働きを持つこの【ブッシングシステム】
 このシステムを求めてUNIONbindingsに加入するトップライダーを上げたら、きりがありません!
 
 そしてやはり、
 ハードに使うライダーの足下を100%サポート出来ること = すべてのユーザーが満足できるプロダクトであるということ、なのです。

 UNION、是非一度、体感されることをおすすめします。






 と、まー思ったとおり長々と書いてしまいましたが、まだまだそれぞれの良いところの、ほんの一部。

 「もっとこれが知りたーい」「今年はこんなことがしたいけど何が合うの?」「他のメーカーどどう違うの?」「いくらですか?」などなど、ご質問など御座いましたら、お気軽にSQUALのドアを叩いてみて下さいな。 

 今年も沢山雪が降ると良いですね。


2010年8月30日月曜日

Sunset


SQUALMAGの記事、Georgia Anne Muldrowの新譜、いいですねーー!

Georgia Anne Muldrowの過去のリリースでは、THRはこの【Sunset】が大好き。


Georgia Anne Muldrow -Sunset-

 Sunsetといえば、こちらも名曲。


Mass Prod -Sunset-

2010年8月29日日曜日

The Grid House : Serra da Mantiqueira, Brazil







 父親の仕事の手前、わりと建築物好きでもあるわけですが、こういう建築物の写真を見ていつも思うのは、こういう建築物に住む人たちが、朝、「行ってきまーす」と建築物を出たあと、いったい何処に向かうのか?ということ。


2010年8月27日金曜日

対前年




 最近なんか真面目な投稿が多くないか?って真面目な方々にもご覧頂いているのですTHRblog

 電通の昨月の売り上げを見てたら、最近SQUALでも何かと話題の分野、インタラクティブが前年を大きく上回っている模様。
 実は150%程度でずっと推移しています。

 気になるのは、「その他」
 対前年約500%ってなんじゃ!?!?って思ってたんですが、これ、多分サッカーですね;

 しかし特需があってもこれでは実際の紙モノの落とし分が半端じゃない。
 
 SP、マジで取りに来るな。。



2010年8月21日土曜日

BlackBerry Torch


 そろそろだとは思っていたんですが、もう出てました。
 
 「こんなのBlackBerryじゃないやい」という某氏の声が聞こえてきそうですが、気になります。
 日本上陸はいつかなー
 



 ちょっと聞いてみよう。